Check お勧めページ:日本地図クイズ 性格診断

地味なんだけどアツイ野球漫画

  • 書籍情報
  • 作者:ちばあきお
  • 出版社:集英社
  • 版型:文庫
  • カテゴリー:少年 野球
  • ジャンル:スポコン
  • 販売サイト:

    販売価格や在庫状況が異なるので比較して購入しよう!

世代を超えて、語り継がれる野球漫画



自分の子供にも読ませたい漫画

野球漫画と言えば、飛びぬけた才能の持ち主か、魔球を操る超人か、はたまたプロ野球を舞台にした華のある話、などが一般的だが、このプレイボールにはそんな舞台は用意されていない。
それどころか、高校野球の定番「甲子園」にすら出場していないのだ。

東京の下町にある野球部が、甲子園を目指して毎日頑張る話。
ただひたむき、前向きに、汗をかいていく話なのだ。
そこには約束された勝利などなく、どんなに努力を重ねてきた主人公でも負ける。
そう、言ってしまえばごく普通の話。

この谷口タカオという主人公、「キャプテン」という漫画でも主人公として描かれていたキャラ。
キャプテンでは中学野球が舞台だったが、プレイボールでは高校野球が舞台になっている。
ちなみに、谷口君は中学校では「全国制覇」を成し遂げたプレイヤー。

プレイボールで描かれているのは、努力や前向きさはもとより、「スポーツを通して描かれる人間関係」が見所だ。
前作のキャプテンの頃から「ちばあきおさん」は、人間くささを描くのが非常に秀逸な方だ。
スーパーマンなど絶対に描かない。人間には長所と短所があり、それをしっかり書き分ける。
人間くささがリアルなので、ついつい漫画に惹きこまれていく。

プレイボールのキャラクターはみんな個性がある。
キャプテンの田所はおおざっぱなところがあるが、面倒見が良く、後輩に優しい。
副キャプテンだった倉橋は、まとめ役で気が利くがドライな性格で、先輩後輩の上下関係をあまり重視しない。
丸井は短気。ずっと短気。顔も丸い。先輩にいい顔して後輩には厳しい。

主人公の谷口君は音痴。極度の音痴で歌を歌うと爆笑を取れる。尻文字でも笑いを取れる。
ひたすら努力家で、不言実行なタイプで実は頑固。先輩に対して正しいと思ったことは言うけど、基本的に空気を読む。
親は大工。

ハデさが一切ないこの野球漫画が、ここまで人気になった(アニメ化もされている)のは、野球本来のおもしろさと、人間関係の妙味さと、筋書きの無いドラマ、努力・友情・勝利など、日本人が求めるものが全て詰まっているからかもしれない。

この話は一応完結はしているものの、作者が体調不慮のため、ドクターストップが掛かっていたそうだ。
構想は大きく、谷口君が大学、プロにいく所まであったそうだ。
ぜひとも、この話の続きが見たかった。

私はリアルタイムでプレイボールを読んでいたわけではなく(年齢的に)、物心付く前から、家にこの単行本があり、バイブルと読んでいいくらい感銘を受けた。
自分が今、親の立場になったのだが、自分の子供にもぜひ読ませたいと思う漫画だ。

まだ読んだことが無いという人は、人生の楽しみがまだあるといえるほどオススメしたいストーリ。
ぜひ、ご拝読下さい。

 

 



posted by: fuchi | 漫画 | 02:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

関連ページ

コメント

コメントする